資産運用

【IPO当選2回目】当選確率の上げ方や勝率、実際の利益などの記録

こんな方におすすめ

  • IPO株でどのくらいの利益が出るのか知りたい
  • IPO当選した証券会社を知りたい(当選しやすい証券会社)
  • 一般的な1個人がどのくらい当選するのか知りたい

IPO当選 第2回目! 銘柄はウェルスナビ(7342)

IPO2回目の当選は【ウェルスナビ】でした。

ウェルスナビ約定

ウェルスナビ売り約定

当選した証券会社:SBIネオモバイル証券

銘柄:ウェルスナビ (7342)

募集価格(1株):1,150円

初値(1株)※:2,699円(約+2.3倍)

当選株数:2株

利益は3,098円(税引前)です。

※ネオモバでは初値決定後の翌日以降でしか買えないので正確には初値では売れません。売れるようになって即売りしたタイミングでの価格を記載しました。

ネオモバの場合は1株単位で抽選されるようで、たったの2株当選でした(笑)

しかしそれでも着実に嬉しい利益が発生しました。

そもそもIPOとは?

IPOについての詳細はコチラの記事で説明しております。

IPO概要
IPOとは?(新規公開株 | 新規上場株式)概要とやり方

続きを見る

抽選式で競争率が高いものの、過去のIPO履歴から勝率のものすごく高い投資手法になっています。

私のIPO参加証券会社と当選率の上げ方紹介

私は主に下記の証券会社からIPOに参加しています。

IPOの当選率を少しでも上げるにはより多くの口座から抽選に参加するのが必須です。

IPO抽選時の資金が不要な証券会社は手軽に口数を増やせるのでおすすめです。ただし当選したときに購入できるお金は用意しておきましょうね。

中には当選しても購入されなかったらペナルティがあるところもあります。

また、可能な限りIPOの主幹事となる証券会社から応募すると当選口数が大きくなるので少し当選率を上げられます。

20~30代くらいの若者の場合はSBIネオモバイル証券やCONNECTの若者優遇を利用すると当てやすいでしょう!

当選履歴・過去の勝率

投資に成功した人のイラスト

今回は第一回目なので特にまとめられるものはありませんが、下記の表のカタチで今後記録していきます!(税引前)

当選募集価格初値当選株数利益証券会社
2020年12月
スタメン
880円2,051円100株1,171,000円 (+133%)大和証券
2020年12月
ウェルスナビ
1,150円2,699円2株3,098円(+134%)SBIネオモバイル証券

2戦2勝0負

 

 



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryosuke

独身平凡IT企業リーマンブロガーのRyosukeです。
趣味でポイ活/積立投資/自宅環境改善/良いアイテム探しをしており、副業としてブログ/アフィリエイトやってます。
また、ブログ開始と同時に40代までのセミリタイアを目指して色々な資産運用をしています。
ブログと共に資産がどう動くかをマイナスを含めてありのまま記録していって、実際の長期投資でどのように資産がどう動くかわかるブログにしていきたいです。

-資産運用

© 2021 独身貴族を目指して Powered by AFFINGER5