環境改善

フードロス問題に貢献!事業者・消費者共におすすめの解決策紹介

フードロス問題

こんな方におすすめ

  • 社会の問題解決に貢献してみたい(フードロス問題)
  • 余ってしまった食品を出品したい(事業者)
  • オトクに食品を買いたい(消費者)

記事の内容

  • フードロス問題に特化したECサイト紹介
  • 事業者が廃棄ではなく出品する方法
  • 消費者がオトクに購入する方法

まずはこちらご覧ください

平成29年度の食品廃棄物等及び食品ロスの発生量の推計結果を公表しましたので、お知らせします。食品廃棄物等は約2,550万トン、このうち、食品ロスは約612万トンと推計されました。
食品ロスの削減は循環型社会を形成する上で重要な課題であり、環境省、消費者庁及び農林水産省では、関係省庁、地方自治体及び事業者等と協力して、より一層食品ロス削減のための取組を進めてまいります。

出典:環境省

ニュース等で耳にしたことはあるであろうフードロス問題。

世界では餓死する方もいるなか、年間で612万トンも食べられるものであるにも関わらず食品ロスが発生しているのです。

国をあげて食品ロスに取り組んではいますが、結局は事業者と消費者が協力しなきゃ実現はできません

当記事では食品ロスに取り組んでいるサービスをもとに問題解決への取り組みの一部を紹介していきたいと思います。

消費者がお得に購入する(訳アリ品)

東京ガスの社会貢献型ショッピングサイト「junijuni」

「junijuni」

「junijuni(ジュニジュニ)」はあの東京ガスが新提案する家計と地球にやさしい買い物ができるショッピングサイト!

品質が問題ないのに廃棄予定となる「賞味期限間近」「旧パッケージ」「供給過多」となった商品を取り扱っており、消費者はお得な価格で購入することが出来ます。

さらに、売上の一部を社会貢献団体に寄付しており、消費者が寄付先を選ぶこともできます。まさに社会貢献特化で、事業者・消費者・社会が全てが嬉しいサービスです!

 

おつとめ品を買って社会貢献!「atara」

 

「atara(アタラ)」

「atara(アタラ)」は関西電力グループが運営するSDGs取り組みECサイトです!

消費者は少しでも安く買いたい、何か社会貢献したい、という環境意識が高めの社会人をターゲットとしたサービスです。

「まだ利用できる商品を使いたい人の元へ」という想いで通販サイトを作ったとのことです。

また日本赤十字社や認定NPO法人フローレンス等の社会貢献活動の支援団体とも連携しており、皆様の身近で貢献を感じることができるはずです。

 

事業者が品質に問題ない食品を出品

飲食店で余ってしまった食品を出品できるサービス「ぐるたす」

「ぐるたす」

こちら現在関西限定のサービスとなっております。

飲食店で余った食品を消費者が購入できるようにマッチングするサービスです。手数料が業界最安となっており、利用がしやすいです。

関西の、特に大阪府で展開されているので飲食店や食料品店の方は登録しておくのをおすすめします。

期間限定で5商品まで無料であり、フードロスでない通常のテイクアウトサービスとしても利用が可能なのでメリットは盛りだくさんです。

 



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryosuke

独身平凡IT企業リーマンブロガーのRyosukeです。
趣味でポイ活/積立投資/自宅環境改善/良いアイテム探しをしており、副業としてブログ/アフィリエイトやってます。
また、ブログ開始と同時に40代までのセミリタイアを目指して色々な資産運用をしています。
ブログと共に資産がどう動くかをマイナスを含めてありのまま記録していって、実際の長期投資でどのように資産がどう動くかわかるブログにしていきたいです。

-環境改善

© 2021 独身貴族を目指して Powered by AFFINGER5